【HIPHOP】POP SMOKEが強盗に銃撃されて亡くなる、、、

みなさんこんばんわ!

MC LIMEのマネージャーのマキオです。

今日はラッパーのPOP SMOKEの事件について

お話ししていきたいと思います。
 

 

 

POP SMOKEが強盗に銃撃されて亡くなる

ニューヨークのブルックリン出身のラッパーPop Smokeが

亡くなりました。その事件は突然起こりました。

POP Smokeは2月19日(現地時間)の午前4時30分頃に,

ハリウッドヒルズで借りていた家にいたところを、

侵入してきた2人〜6人の男に数発の銃撃を受けたそうです。

その後、彼はウエストハリウッドにある病院に運ばれましたが、

亡くなりました。この病院は奇遇にもノートリアスビギーが

運ばれた病院でもあります。そしてPop Smokeはまだ20歳でした。

犯人はまだ捕まっていないみたいです。

この事件の犯人は、NY関連かもしれませんね。

Pop Smokeを追悼している50centのコメント

成功には必ず妬みがついてくる。親しいやつが裏切るんだ。
 

 

 

Pop Smokeが頭角を現した曲

Pop Smokeは、2018年ラッパーとしてのキャリアをスタート。

2019年4月に発表したシングル“Welcome to the Party”の大ヒットで、

ブルックリンドリルの旗手として注目を浴びるようになった。

ここ最近ブルックリンドリルの紹介ブログを見て、

その時に私もPop Smokeを知りました。その時感じた感想は、

みんなめちゃくちゃ悪そうやな。です。若い世代の新しい

感じで、顔もファッションもかっこいいし、10代や20代の

誰もが憧れの的だったと思います。新しいジャンルも

できて世界中が注目していた矢先に事件は起きました。

ニッキーミナージュやMIGOSのクエヴォとも

フューチャリングしていました。

NY出身のOGたちはPop Smokeが、可愛くて仕方なかったと思います。
 

 

 

ブルックリンでは街中で追悼

たくさんの人たちに愛されていたHOPE。Pop Smoke。

若くして夢の途中で絶好調の時に、銃で亡くなるなんて

本当に胸が痛いです。アメリカの銃社会本当に嫌です。
 

 

 

BLUE FACEが警告しています

今はインスタやツイッターで位置情報がわかってしまう時代。

リアルタイムでの投稿はあんまり良くないですね。

ブルックリンドリルの伝説、Pop Smokeどうぞ安らかに。

HIPHOP DOPE MEMORIES