【HIPHOP】Meek MillがJay-ZのレーベルRoc Nationと合弁事業形態で契約!

みなさんこんばんわ

MC LIMEのマネージャーのマキオです。

今日はMeek MillがJay-Zのレーベルと契約したようなので

そのことについてお話ししていきたいと思います。
 

 

 

”Dream Chasers Records”を始動

音楽界の大御所、Jay-ZとヒップホップアーティストのMeek Millが、Millの新しいレコードレーベル

Dream Chasersの発表とともにビジネスを始めています。このレーベルは、Jay-ZのRoc Nationとの

ジョイントベンチャーで、音楽業界のサイドビジネスにおける32歳のMillの新しい章の始まりです。

ミルは、フィラデルフィア裁判官が軽微な保護観察違反で2年から4年の懲役刑を宣告したとき、2017年に

刑事司法改革の象徴となりました。 2018年4月に裁判所が彼の釈放を命じる前に、彼は何ヶ月もの時間をかけて

延滞することになりました。このインタビューをしたKING氏の話によると、MillとJay-Zが次世代の

アーティストの起業家としての遺産と彼らの共有された背景を確立することが重要だと説明しています。

「私たちが創り出す音楽と文化は、私たちが長い間それを提供してきたことを知っています。それは理解できることです、

あなたはどこかから始める必要があります。建物を所有する前に床を片付けなければなりませんもう靴は輝かない」

とジェイ -  Zはキングに言った。

ミルは、Jay-Zを彼の人生における大きな影響力として、そして彼が仲間のアーティストとしてよりも多くの方法で

見上げてきた誰かとして説明しました。 Mill氏は、GOATと呼ばれる誰かとこのパートナーシップに署名することが

どのようなものなのかと尋ね、「夢のよう」と語った。「もちろん音楽業界に入っても、いつも尊敬する人がいる。

音楽レベルでもビジネスレベルでも、男性レベルとしても尊敬する人はそれほど多くない。一緒に仕事をするのは、

私たちが話すときでさえ、私はいつもそれが彼にそれが狂っていたようにそれを説明する、それはあなたにとって

規則的な日である、しかしこれはこの状況にいる私の夢の一部である」とミル言った。 

「私はあなたが皆自分自身の中であるレベルでお互いを見るかどうか疑問に思いましたか?」

「もちろん。私たちは同じ近所の出身で、同じことを経験してきました。明らかに同じ話ではありませんでしたが、

同じことをいくつか経験してきました。 「そして、また、私が言ったように、その責任は私たちには失われません。」 

「彼が言ったように、私たちはアメリカの同じゲットー出身です。私はできる限り文化をリードする責任があるように

感じました」とミルは語った。 「私の前にいるJay-Zや他の人たちは、私のような人にとっては除雪機のようなものだ

といつも言っています。彼らは吹雪の中を歩くのをより簡単にしました。」

👆CBSから引用

すごい大きなプロジェクトが始まりそうですね。

まさに、ゲトーからレッドカーペットですね。

これからの”Dream Chasers Records”に注目していきたいですね。

 

HIPHOP DOPE MEMORIES