【HIPHOP】目指せ!大きな玉ねぎの下で歌うHIPHOP@武道館

みなさんこんばんわ!

MC LIMEのマネージャーのマキオです。

いよいよ明日の11:30に新元号が発表されます。

その模様はインスタライブでも放送されるようです。時代ですね。

そして今HIPHOPのアーティストも武道館でライブするのが時代なのかと。

そのことについてお話ししていきたいと思います。
 

 

 

CLUBから武道館へ

今はラッパーはクラブでもライブするけど、武道館でもライブするのが主流になってきています。

その背景から観れるのは、J-POPなどにも対抗できるくらい日本の音楽業界にHIPHOPが

浸透してきているからですね。これから日本の音楽業界はアメリカみたいにもっと

HIPHOP寄りになってくると思います。まさに少しずつでもありますが、みなさんもそのように

感じていると思います。そして日本のHIPHOPアーティストは世界でも活躍しています。

どんどんHIPHOPが広まってきて本当に嬉しいですね。ここまでHIPHOPシーンが浸透して

広まっていくまでには、日本のOGの方達が伝えてくれて、そこから若い世代の方達が、

進化させて、SNSの時代も乗っかって日本独特のHIPHOPが今でも新たに作られてきています。

そしてみなさん本当に個性豊かですよね!海外進出していくアーティストも増えることでしょうし

このままあと5年後や10年後はどのような音楽シーンになっているか楽しみですね。
 

 

 

武道館でライブしたラッパー達

KREVA

キックザカンクルー

リップスライム

ライムスター

ZEEBRA

BAD HOP

般若

AK-69

こうみてみると結構いますね。昔の時代は音楽で食べていくまでは、

アーティストの方は大変な苦労もしていたと思います。周りや親に反対されたり

武道館でコンサートをするとういことは、認められるという大きな区切り

みたいな感じにも捉えれました。あんな大きなところでライブできるなんて

ファンの方もたくさん来てくれて、なんか涙とか出ちゃいそうになりますね。

武道館でライブができてもできなくても、爆風スランプの大きな玉ねぎの下での曲を

知っているなら、武道館でのライブを目指してみる価値はあるかもしれませんね。

 

HIPHOP DOPE MEMORIES